私設私書箱サービスeポスト

クレジットカード

ご利用事例
CASE

私書箱ご利用事例~商品発送元・商品返送先~

私書箱ご利用事例~商品発送元・商品返送先~

・商品の返品を自宅以外の住所で受取りたい・・
(滅多にない返品商品だけど宅配便など少し大きなサイズが返送される場合がある)

 

・商品発送時に伝票に記載する送り主の住所に自宅以外の住所を記入したい・・
(自宅住所を送り主に記入するリスクを避けたい)

 

・ECサイトの運営をしているが商品の発送元住所を自宅や会社宛てにすると都合が悪い・・
(バーチャルオフィスやレンタルオフィスは返送商品を受け付けてもらえない)

 

そんな方たちのためにeポストの私書箱サービスがお役にたてます

 

eポストの私書箱は郵便局の私書箱やバーチャルオフィス、レンタルオフィスとは
違い郵便以外にも宅急便や小包などサイズの大きな荷物を受け取れるんです!

そのため個人でECサイトを運営して商品の発送先住所や返品商品の受付などもeポストの私書箱で出来ちゃいます。
企業も同じく大量の返品商品の取り扱いが難しい場合には一度、私書箱宛てに返品してもらい整理して受取りもしくは転送が可能となります。

例えば・・・

商品発送人に記載する住所が欲しい

自宅兼仕事場のため商品発送時の住所が欲しい
eポストの住所とお客様のお名前で荷物を発送いただければ万が一の返品商品にも対応できます。

クレーム処理のために自宅以外の住所が欲しい
自宅住所がクレーマーにバレると思わぬ被害をこうむります、それを防ぐeポストの私書箱です

バーチャルオフィスでは受取できない

バーチャルオフィスやレンタルオフィスでは返品商品を受け取ってもらえない
無人のバーチャルオフィスなどは在中しているスタッフがいないので宅配便などは受取出来ない所が多いんです。
eポストの私書箱は郵便や荷物の受取に特化していますのでご安心ください。

バーチャルオフィスやレンタルオフィスは無駄なサービスが多い
住所の貸し出しと郵便、荷物の受取だけしたいのに電話の無駄なサービスが多いので
単純明快な私書箱サービスをご利用ください。

企業名を伏せて発送作業をしたい

企業名を出さずにシュミレートしたい
シュミレーションするのに必要な活動拠点をeポストの私書箱にすると郵便や荷物の受取も
問題ありません。

受注した案件を会社以外の住所で
企業から受注した案件を社名や屋号を伏せて進める場合にも役立つ私書箱なんです。

 

地方在住で東京の住所が欲しい

地方で個人サイトを運営しているので都内の住所が欲しい
eポストの私書箱なら世界の何処にいてもインターネット環境があれば郵便や荷物の確認が出来ちゃいます。
都内以外の個人や法人は都内の住所で商品の発送、返品が可能で信用率アップ!

私書箱に届いた荷物を地方に送ってほしい
私書箱宛てに届いた郵便やお荷物は転送の指示をいただければお好きな場所へ発送出来ちゃいます

 

上記以外にも利用用途はたくさんあると思いますが
受取にサインが必要な小包などの荷物も代わりに受け取ってくれるeポスト私書箱って便利だと思いませんか?

  ココがポイント!

商品の発送元住所や、返品先だけではなく返品商品の整理をして一括して受け取ったり、一括して転送したりと
一時保管も出来る私設私書箱は郵便局の私書箱よりも便利な事が分かってくれました?

大量の荷物の保管、整理にお困りの個人様や法人様もweb管理型の私書箱eポストの導入でスムーズに商品の整理が出来るはずです!

お気軽に
お電話・ご相談ください

お電話受付時間
平日:AM11:00~PM18:00 
土日:AM12:00~PM18:00
火曜日・祝日は休業日となります

お問い合わせ・お申し込み