私設私書箱サービスeポスト

クレジットカード

ご利用事例
CASE

私書箱ご利用事例~士業~

私書箱ご利用事例~士業~

・国家資格をとり起業したいけど事務所を借りる費用が負担大きすぎ・・
(軌道に乗るまではオフィスを借りる費用が賄えない)

 

・自宅で開業してもいいけれど名刺に自宅住所を記載するのがちょっと・・
(プライベートと仕事を分けて生活したい)

 

・レンタルオフィスを借りていたけど以外に高くて困ってる・・
(諸費用かからないのは魅力だけど月額が高すぎる)

 

・国家資格をとったので地方の住所ではなく東京の住所で営業活動をしたい・・
(上京して自宅とオフィスの家賃を払うのは厳しい)

 

・税理士,社会保険労務士,不動産鑑定士,などの士業の方達共通のお悩みが事務所開業・・
(ほとんど外回りで事務所にいないのに家賃は払いたくない)

 

そんな方たちのためにeポストの私書箱サービスがお役にたてます

 

多くの私書箱では私書箱番号や私書箱と分かる文言が住所の一部につき名刺に住所記載する時に
顧客に不安を抱かせてしまうこともあるようです。

eポストの私書箱、貸し住所サービスでは私書箱番号や私書箱と分かる文言は付かずに利用出来るので
接客スペースなどが不要でならばレンタルオフィス、バーチャルオフィス、事務所を借りずに
郵便物だけを受け取ってくれるeポスト私書箱サービスの方が安価で利用価値が高いと思います。

 

名刺やコーポレートサイトに記載する住所が欲しい方

自宅の住所を仕事用に使うのは抵抗がある
そんな時に役立つeポストの私書箱サービス、プライベートと仕事は分けてメリハリつけましょ。

 

HPに記載した自宅住所にイタズラがある
eポストの貸し出す住所なをHPに記載いただければそんな被害にあうこともありません。

 

名刺に書く住所が地方の住所だと信用度が落ちてしまう気が
弊社の貸し出す私書箱住所は日本屈指のターミナル駅池袋駅近くとなります。

プライバシー保護のために自宅住所は非公開にしたい

自宅宛の郵便と仕事宛の郵便は分けて利用したい
仕事宛の郵便はeポストの私書箱宛に送付先変更ください

 

仕事の書類は家族に見られたくない
家族に見られたくない書類や荷物は弊社の貸し出す私書箱住所に送っていただければ万事解決

 

賃貸マンションなので屋号や会社あての郵便は受け取れない
賃貸マンションの管理規約で禁止されてる事業者宛に郵便はeポストまで

 

レンタルオフィスや事務所を借りる家賃が捻出できない

起業したばかりで自宅以外の家賃を払う余裕がない
そんな時には20分の1のコストで住所が借りれるeポストへ

 

レンタルオフィスを借りてたけど月額賃料が高い
そんな時は月額¥1500~借りれるeポストの私書箱サービスが最適

 

バーチャルオフィスやレンタルオフィスを借りたが来客がないのでほとんど意味がない
活動拠点の住所取得と郵便物の受取先住所ならeポストの貸し出す私書箱サービスが活躍

 

郵便物の受取・転送だけ行ってほしい

事務所を借りても電話番だけでバイトの給与と家賃がもったいない
そんな時には郵便や荷物の受取に特化したeポストの私書箱サービスへ

 

事務所が外回りで不在がちなため書留や宅急便が受け取れない
eポストでは要サインに書留や宅急便も受取できちゃいます。
事務所に在宅して荷物を受け取る時間があったら営業活動に専念を!

 

郊外在住のために届いた郵便や荷物を池袋まで取りに行くのが難しい
弊社に届きました郵便やお荷物はお客様の自宅、郵便局留め、クロネコ営業所留めで
発送してお受け取りが可能です。

 

上記以外にも利用用途はたくさんあると思いますが
個人情報保護の観点からも自宅住所を晒さずに営業活動が行えると大変便利だと思います。

 

  ココがポイント!

eポストの私書箱では個人名のみならず営業活動している屋号や団体名でも郵便物を受け取ることが出来るんです。
活動拠点の住所で顧客に不安を抱かせずに郵便の受取から転送まで安価な費用で出来ちゃうeポストは貴重なんです。

 

最近では自宅をSOHOにしてビジネス展開をしている方が多くなってきましたがその際の名刺記載住所、HP記載住所などで
足踏みをしてしまう方が多いようです。そんなときに役立つeポストの私書箱をご利用いただければ事業サービス拡大などいち早くビジネスの飛躍が出来るんじゃないでしょうか?

 

士業などの国家資格保持者にも人気のeポストの私書箱をご検討下さい!

お気軽に
お電話・ご相談ください

お電話受付時間
平日:AM11:00~PM18:00 
土日:AM12:00~PM18:00
火曜日・祝日は休業日となります

お問い合わせ・お申し込み